お知らせ

新型コロナワクチンについて 新型コロナワクチン接種に対する私見 2021/2/15(月)

 新型コロナウイルス感染が広まり一年が過ぎましたが、未だ日本を含め世界のパンデミックは持続しているのが現実です。緊急事態宣言、ロックダウン、自粛生活、ほとんどの方は1日も早い終息を目指して日々の生活習慣を変えて努力しながらコロナなき日を待ち望んでおられることでしょう。しかし残念ながら気を緩めると容赦なく感染拡大は再燃し心が折れそうになる日々が続いています。私はこの状況を打開してコロナ終息の期待が出来る最善の方法はワクチン接種以外にはないと考えています。ワクチンには副作用・副反応が無いものはありません。ましてや今回始まる新型コロナウイルスワクチンはmRNAワクチンという新しい機序に基づいた初めてのワクチンです。皆さんが不安にかられるのは当然のことと思います。しかし現時点では接種後短期間に起こりうる副反応・副作用についてはこれまでのワクチンと比べて問題になる頻度ではないようですし、ワクチン接種による発症抑制効果では非常に有用な結果が報告されています。しかも2回接種後2週間目くらいから抗体が確認されていることから、人口の6割を超える数多くの方々が接種を終了し集団免疫が高まれば、半年さきにはコロナ終息が現実のものになるのではないか思われます。何よりも多くの人がワクチンを接種することにより集団免疫を高める事が大切です。これにより健康上の都合でワクチンを打ちたくても打てない人々を守ってあげることができる、と言う考え方も大切ではないでしょうか。
 公的ワクチン接種の時期が近づき、打とうか打つまいか迷い、悩まれている方々が多くおられます。皆様の参考になれば幸いです。