医療情報

「沈黙の臓器肝臓」健康診断でどこまでわかる?

GOT,GPTはスピードメーター

簡単な健康診断では通常GOT,GPT,γ-GTPの三項目を調べます。GOT,GPTはその人が持っている肝臓の能力を見ているわけではなく、肝細胞がどのくらい壊れているかをみているにすぎません。ですから、GOT,GPTの上昇が僅かであっても何十年も異常値が続いている人はもしかしたら肝臓の働き(肝予備能)はかなり低下しているかもしれないのです。自動車に例えるなら、GOT,GPTはスピードメーター、肝予備能はガソリンの残量のようなものと考えれば解りやすいでしょう、肝疾患の中で最もスピード狂である劇症肝炎はGPTの値が数千まで上昇し、数日のうちに肝予備能(ガソリン)を使い果たして死に至ることもあるこわい病気です。慢性肝炎の場合、肝予備能は約30%以下になるまではほとんど身体症状は出ません。さらに肝実質には知覚神経が来ていないため、肝細胞が炎症のため破壊され続けてGPTの異常が続いても痛みを感じることはありません。ただ黙って重労働に耐えているだけです。これが肝臓が沈黙の臓器と言われる理由なのです。

 

生活習慣病予備群の脂肪肝

健康診断でチェックされる肝機能異常者のうち70〜80%の人は脂肪肝が原因です。脂肪肝とは、腸管から吸収された遊離脂肪酸が肝臓へ大量に流れ込むことにより、肝臓での中性脂肪が過剰になり、肝細胞内に貯蓄した状態です。この脂肪滴は細胞内の他の組織を圧迫するため肝機能検査値の上昇がみられますが、特殊な例を除いて大部分は肝機能の低下はみられず、肝硬変へと進展することはありません。脂肪肝の原因として過食、運動不足、アルコールなどが考えられ、肝疾患よりもむしろ生活習慣病予備群として、高脂血症や糖尿病がないか注意しなければなりません。最近の知覚では、日本人は世界でもトップクラスの省エネルギー民族であることが報告されています。すなわち、古くから肉食を習慣としていた民族と異なり、粗食になじんできた日本民族は長い年月の間に遺伝子が変異していき、省エネ車のように少ないエネルギーで最大級パワーを発揮できるようになったのです。食糖危機に陥った時には日本人の飢餓の中で生き抜く力を秘めていると言えるでしょうが、現代の豊食の時代には過剰のエネルギーが生活習慣病を引き起こしやすい素因を持った民族でもあるわけです。脂肪肝とは、カロリー過剰のバロメーターのひとつと考え、この診断を下された人は生活習慣病を見直してはいかがでしょうか。

 

異常を指摘されたら必ず肝炎ウイルスのチェックと超音波検査を!

健康診断で調べる肝機能検査は僅かな項目だけですが、なかには一生を左右する重要な肝疾患が見つかる窓口でもあります。「最近飲み過ぎているから」「少し疲れ気味かな」などと自分勝手な解釈をせずに、念のため肝炎ウイルスの検査(血液検査でわかります)と超音波検査(10分程度で終わります)を受けて下さい。慢性肝炎の中にも早期に適切な治療を施せば、その進展のくい止めるだけでなく完治できるケースもあります。まずは近くの専門医に相談し、決して放置しないようにしてください。